ほうれい線の予防と対策におすすめの美容液

ほうれい線を消す美容液でエイジングケア

ほうれい線や肌のハリ・弾力を集中ケアするなら、効果を高める成分が配合されているスキンケア化粧品を選ぶことが大切!

 

はじめてほうれい線のケアを行う方も、今お使いの化粧品から乗り換えを考えている方にもおすすめしたいのが数日間のトライアルセットです。
肌に合うかどうか、浸透力やうるおい力は満足できるか、ハリや弾力の手ごたえを感じられるかといったことをお得なセットでチェックできるからです。

 

ぜひランキングを参考に、ほうれい線や肌のハリ・弾力ケアができるスキンケア化粧品をお試しくださいね。


ほうれい線対策におすすめの美容液ランキング

ビーグレンのほうれい線ケア

国際特許を取得している圧倒的な浸透力で、様々な肌のトラブルに対応するビーグレン。水溶性と油溶性の成分を交互に重ねた超微小カプセルが肌のターンオーバーを整えながら、ほうれい線やハリ・弾力にアプローチします。

 

浸透したあともじっくり効果が続くことも大きな特徴です。
安心の365日返金保証付!

 

 

 

 

ディセンシアアヤナス

デリケートな肌の方から高い評価を得ているディセンシアシリーズ。アヤナスはエイジングケアを叶えるスキンケア化粧品です。外部の刺激を受けて起こる炎症を抑えながら、肌のバリア機能を高めてくれます。オリジナル成分CVアルギネートがコラーゲン生成を助け、ハリと弾力のある肌へ導きます。

 

 

 

 

 

POLAサインズショット

シワにかかる圧「表情圧」に着目して開発された美容液。表情圧によって細胞の核が変化してしまうのを防ぎながら、浸透ナノカプセルが肌本来のうるおい成分と同じ構造の保湿成分を肌のすみずみまで届けます。女性誌で数多くの賞を獲得している実力をぜひお試しください。

 

 

 

 

マリアンナプラス豊麗

肌のハリを促すα-リポ酸や高い抗酸化作用で知られるコエンザイムQ10を独自の技術でナノレベルのカプセルに閉じ込め肌へ浸透させます。ほうれい線やハリ・弾力のケアはもちろん、うるおいケアを同時に行えるのが特徴。うるおい不足による肌の乾燥を改善したい方もぜひお試しください。

 

マリアンナプラス豊麗の詳細はこちら

 

 

 

ドクターリセラ 透輝の滴

肌の細胞に働きかける成長因子GF(グロースファクター)を8種類配合しているのが特徴です。ほうれい線やハリ・弾力のケアをしながら、透明感やうるおいまで総合的にエイジングケアが行えます。美容のプロもリピートしているエステ仕様の贅沢な使い心地をぜひ体感してください。

 

ドクターリセラ 透輝の滴の詳細はこちら

 

 

 

肌の乾燥だけじゃない!?ほうれい線ができる原因とは

肌のコラーゲンやエラスチンが変性したり減少したりすることがほうれい線の主な原因です。

  • コラーゲンの減少や変性で肌の弾力が衰える
  • コラーゲン同士をつなげるエラスチンが減少しハリが失われる

これらは加齢と共にあらわれるため、頬がたるんできたかも!?ほうれい線のシワがうっすら出てる??と気づいたら一刻も早いほうれい線ケアで進行を食い止めることが大切なのです。

 

肌のコラーゲンは10代後半から20歳頃をピークにどんどん減少していきます。
40代になるとピーク時の半分程度まで減ってしまうといわれています。
これは新陳代謝の衰えと共に、細胞がコラーゲンを作り出す力が弱ってしまうことがひとつの原因です。

 

肌がごわつきやすい、うるおいを与えても乾燥が改善しないという場合は新陳代謝による肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れている可能性があります。

 

紫外線もほうれい線に影響を与えます。

紫外線がほうれい線の原因に

紫外線を浴びて活性酸素が発生すると細胞をさびつかせます。
特にUVA(紫外線A波)は、真皮にまで到達し、肌の若さを保つためのコラーゲンを破壊してしまうといわれています。
紫外線は肌を黒くしたりシミやくすみの原因だけではなく、シワやたるみ、ほうれい線ができやすくなる原因にもなりますので、しっかりとUV対策を行うようにしてください。

 

紫外線により皮膚の細胞がさびつくと、コラーゲンやエラスチンの繊維が切れてしまったり絡み合ったりし変性してしまいます。
エラスチンは一度変性してしまうと代謝で元通りに再生できないことがあるため、ほうれい線やたるみ、シワを進行させます。

 

人によって、ほうれい線が目立ったり目元のたるみやシワが目立ったりすることがあります。
これは表情のクセが原因のことがあります。コラーゲンに弾力があれば表情で刻まれる一時的なシワは消えますが、弾力を失ったコラーゲンではくっきりとシワが刻まれていきます。

 

シワが刻まれた肌の内部の線維芽細胞はコラーゲンを作り出す機能が低下するだけでなく、たんぱく質を分解する酵素が作られてしまうのです。
こうなるとたるみやシワは進行し、くっきり目立つほうれい線ができてしまう、さらにコラーゲンが減少するという悪循環に陥ってしまうことも。

 

この他にバランスの悪い食事もほうれい線の原因になっていることがあります。
ダイエットや偏った食事でコラーゲンを構成するたんぱく質が不足すると肌の代謝が衰え弾力がなくなっていきます。

 

無理な食事制限でダイエットを行った方の肌が弾力の無いシワっぽい肌になるのはこのため。
成人女性に必要な1日のたんぱく質は40gといわれているのでこれを目安に不足しないように心がけましょう。

ほうれい線を予防する3つの方法とは

ほうれい線の予防は、今できつつあるほうれい線の進行を食い止めることにつながります。

 

ほうれい線を予防する3つのポイントをおさえて見た目年齢に差をつけましょう。

 

紫外線から肌を守る!

ほうれい線を予防するには1年を通して紫外線対策を行うことが大切です。
紫外線は肌の弾力やハリを保つコラーゲン繊維にダメージを与えたり、肌の生まれ変わりを阻害したりします。

 

紫外線はコラーゲン同士をつなげるエラスチンも破壊します。
40代以降になるとコラーゲンやエラスチンの生産能力は著しく低下するため、ちょっとした日焼けも油断できません。

 

曇りの日でも紫外線が降り注いでいること、洗濯物を干す短時間でも毎日繰り返せば長時間になることを忘れないようにしましょう。

 

エイジングケア化粧品でスキンケア!

コラーゲンの生産を助ける成分が配合されているものや美容成分が角層のすみずみまで浸透するように開発されたエイジングケア化粧品がおすすめです。

 

長い年月をかけて少しずつ肌にあらわれたほうれい線ですから、いくら効果があるエイジングケア化粧品でも数日の使用では目に見えるような成果を上げることはできません。

 

朝晩のスキンケアでじっくり地道なケアを続けることが大切。
まずはトライアルセットで肌に合うかどうかチェックしてみましょう。

 

たんぱく質とビタミンの摂取でコラーゲン生成を促す!

コラーゲンやエラスチンの成分であるたんぱく質が不足しないように心がけることがほうれい線の予防には不可欠です。

 

たんぱく質を補うには動物性たんぱく質(肉類、魚類)か植物性たんぱく質(大豆、お麩など)を摂取する必要があります。

 

特にたんぱく質に含まれるプロリンというアミノ酸はコラーゲンを構成する主成分といわれ肌の弾力を保つ要のアミノ酸といえます。

 

また、たんぱく質と一緒にビタミンCを摂取することも大切です。
ビタミンCはたんぱく質からコラーゲンの生成を助ける効果がある他、高い抗酸化作用で若々しい肌をキープする効果で知られています。

 

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンEやAもコラーゲンやエラスチンにダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できます。


ほうれい線を消すために行う表情筋肉エクササイズが逆効果になる理由とは

表情筋エクササイズ、表情筋トレーニングと呼ばれる顔の筋肉を鍛える訓練が、かえってほうれい線をくっきり深くしたりたるみを加速させたりする可能性があることをご存知ですか?

 

表情筋エクササイズのひとつに目を大きく見開くというものがあります。
このエクササイズでは目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛え目元のたるみや小ジワを改善する効果があるとされています。

 

的確に眼輪筋を鍛えることができればよいのですが、人によっては眉を上に持ち上げて目を見開いてしまうそうです。

 

このとき額にはシワができてしまいます。気づかずにエクササイズを続けていると額にはシワがくっきり刻まれてしまう結果に。
にっこり笑って頬の位置を高くするたるみ改善エクササイズは、笑った時のシワがほうれい線をさらにくっきり刻む結果になることがあります。

 

皮膚の一ヶ所に負荷がかかる回数が増えると、その部分のコラーゲンやエラスチンが切れたり変性したりして回復することができません。

 

このため表情筋エクササイズでシワが作られると深いシワへと進行したり、たるみを加速させたりする原因になることがあるのです。

 

これらのことから、表情筋エクササイズ、表情筋トレーニングは専門家の指導のもとで行い、的確な表情筋に効いているかアドバイスをもらうようにしましょう。

とはいえ、表情筋エクササイズ、表情筋トレーニングが全くの逆効果というわけではないのです。

 

シワを寄せないエクササイズで表情筋を鍛えることがポイント!

おすすめなのは、舌を歯茎にそってぐるぐる回す舌回しエクササイズです。
1周を1回とカウントし、右回し20回、左回し20回で1セット。1日に2〜3セット行うと2ヶ月ほどで頬や口元のたるみが改善されるといわれています。

 

割り箸やストローを唇で挟むエクササイズもあります。
歯でかむのではなく唇でぎゅっと挟むことがポイントです。専用のエクササイズグッズもありますが、割り箸やストローなら使い捨てができて衛生的。

 

このようなシワを寄せないエクササイズを試してみてください。ほうれい線の改善だけでなく、小顔効果や血行改善効果(クマ、くすみ)も期待できるそうです。

 

 

 

 

 

 

更新履歴